メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 南海トラフの巨大地震による津波浸水予測(第2弾)について!

南海トラフの巨大地震による津波浸水予測(第2弾)について!

担当:防災対策課 掲載日:2012/12/13

 平成24年8月29日に内閣府が公表した最大クラスの地震・津波(香南市15m)をもとに、高知県が津波の浸水域や浸水深を予測した津波浸水予測図(第2弾)を公表しました。

1.今回の推計条件について
 (1)現在考えられる最大クラスかつ悪条件下において発生した場合の予測であり、最新の地形データや構造物のデータが10m四方で反映され、第1弾と比べてより精緻に推計されたものです。

 (2)津波断層モデル11ケースの内、高知県に最も影響が大きいケースにより推計されたものです。

 (3)今回の推計は、地盤沈下を考慮し、また、海岸堤防や河川堤防は「なし」の条件で推計されたものです。

3.市の今後対応について
 今回の津波浸水予測図をもとに、避難場所や避難路の再検討を行い、津波避難タワー・避難路など、順次整備を行っていきます。また、併せて地域毎の津波避難計画・香南市防災マップ及びハザードマップを本年度中に更新します。
なお、この津波避難計画を作成する中で、新たな避難場所や避難路整備の必要性が出てきた場合には、各地域の自主防災組織と協議のうえ、速やかに整備を実施していきます。

【香南市】津波浸水予測図(第2弾)

【香南市】30cm津波到達時間予測図(第2弾)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)