メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 考えよう!インターネットと人権

考えよう!インターネットと人権

担当:人権課 掲載日:2017/06/02

ネットモラル1 ネットモラル2  インターネットによりコミュニケーションの輪が広がり便利になる一方で、インターネットを悪用した人権侵害、プライバシー侵害が増えています。
 インターネットを悪用することなく、お互いの人権を尊重した行動をとるようにしましょう。

◎人を傷つけない
掲示板やコミュニティサイト、ブログなどに人の悪口を書き込むことや、人がいやがるようなことをしてはいけません。
勝手に人の情報を載せることはしないようにしましょう。

◎知らない人に自分の情報を教えない
インターネットで知り合っただけで、どんな人か知らない人に、自分の住所や電話番号、学校名や勤務先などの個人情報を教えないようにしましょう。
また、インターネットに載せるときも注意が必要です。安易に自分の写真や個人情報を載せないようにしましょう。

◎サイトを通じて、知らない人と会わない
出会い系サイトの18歳未満の利用は法律で禁止されています。
また、交流を目的としたコミュニティサイトなどを通じて、見知らぬ人と会うことは危険なのでしないようにしましょう。

◎人のパスワードを勝手に使わない、教えない
人のIDやパスワードを勝手に使用してログインすることは、「不正アクセス」という犯罪です。
また、人に自分のIDやパスワードを教えることもよくありません。

◎すぐに相談する
インターネットの中で嫌がらせを受けたり、困ったときは、一人で抱え込まず相談しましょう。

全国共通人権相談ダイヤル(みんなの人権110番)
電話:0570-003-110(ゼロゼロみんなのひゃくとおばん)
※最寄りの法務局につながります。

子どもの人権110番(フリーダイヤル)
電話:0120-007-110(ゼロゼロナナのひゃくとおばん)
※「いじめ」や虐待など子どもの人権問題に関する専用相談電話です。

女性の人権ホットライン
電話:0570-070-810(ゼロナナゼロのハートライン)
※女性の人権問題に関する専用相談電話です。