メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 土佐凧

土佐凧


土佐凧

土佐凧は特性の手漉き土佐和紙を用い、正方形の角を立てた形をしています 。力強い墨選に、魔除けの赤を基調にした華麗な彩色を加えたものです。各種紋 章や慶祝文字、鶴、武者、おきあがり、金太郎、干支など多様な図柄があります 。




絵金資料館

また、男児誕生を祝う端午の節句に、鯉のぼりや幟とともに五月晴れの空高 くあげられるフラフは、オランダ語の旗による呼び名で、大漁旗から着想したと もいわれます。米の二期作が盛んになった明治の終わり頃から、主に高知市から 東の海岸地帯で、天候の不順な農繁期に取り扱いを簡便に工夫され普及したもの です。古くから各地にある五月幟と共に筒描きの技法をもとに、一筆一刷毛に心 をこめ全行程手作業による制作です。 染色工芸四代、土佐凧の現在唯一の伝統後継者である 吉川登志之さん の工房では、素竹と号し日本画家でもあった先代吉川半蔵の創意工夫によっ て大成された技法に現代の彩色技術を伝え守っております。




アクセス  高知県香南市香我美町岸本
問合せ先  吉川染物店 0887−54−2528