メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 手結内港(ていないこう)

手結内港(ていないこう)

担当:商工水産課 掲載日:2014/09/03


手結内港は、承応2年(1653年)、土佐藩の家老の野中兼山によって、わが国初の本格的「堀り込み港」として完成しました。また、その規模も江戸時代初期のものとしては最大級で「日本築港史」には南北約112m、東西約49mと記されています。 この港は、歴史的遺産として、ふるさとを代表する風景として人々に愛され続けて います。


手結内港(ていないこう)