メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 無人島長平の墓・像

無人島長平の墓・像


無人島長平の墓

野村長平は、岸本の船乗りで、天明5年(1785年)仲間5人と、赤岡浦から米を船で田野浦と奈半利浦へ運んだ帰りに冬の大西風(シラ)にあい、鳥島(無人島)に漂着した。

その後仲間が全員死亡した後、大阪・薩摩の船が漂着し、これらの生存者と共に小船を作り、13年ぶりに生還した。

(墓)市史跡


アクセス  香南市香我美町岸本

無人島長平の像