メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 玉錦三右衛門の墓

玉錦三右衛門の墓


玉錦三右衛門の墓

本名は西内弥寿喜。明治36年に高知市で生まれた。父親が徳王子大崎の出身。二所ケ関部屋に入門後、持ち前の闘志と稽古熱心で頭角を現し、昭和8年に第22代横綱になった。出足が鋭く、太鼓ばらを利かしての寄り身を得意とした。

市史跡


アクセス  香南市香我美町岸本