メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 三叉(町指定史跡)

三叉(町指定史跡)

担当:教育委員会生涯学習課 掲載日:2014/09/03


三叉

土佐2代藩主山内忠義の時代、藩政を動かしていた野中兼山(1615〜1663年)は幡内の開発にも尽力しました。

 寛永18(1641)年から新野町(野市)の開発に着手。3年後には中井関の完成で親設水路口に通水が始まりました。

 三叉は上井川の水を合理的に分水した水路で、十善寺溝・町溝・東野溝の主要3支川と原田溝・武市溝を加えた大小5つに分水しており、県下で類例のない兼山の遺構といわれています。

市史跡
指定日【昭和45年6月22日】


アクセス  香南市野市町西野西上野トノ丸