メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 長谷寺(まき寺)

長谷寺(まき寺)


長谷寺(まき寺)

 槇牧山平等院長谷寺(しんぼくざんびょうどういんちょうこくじ)といい、臨済宗妙心寺派の末寺で、本尊は十一面観音。

 伝説によれば、神亀4年(727年)行基によって開かれ、はじめ物部村中津尾にあり、のち芸西村に移り、さらに現在地に移転してきたものといわれ、もとは吸江寺に属した。