メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 木造住宅耐震診断事業

木造住宅耐震診断事業

担当:防災対策課 掲載日:2010/05/11

次の南海地震は、「今後30年以内に発生する確率は60%に達する」と予想されています。(2011年1月、国の発表)
 平成7年の阪神・淡路大震災では、10万棟を超える家屋が倒壊し、6,400人を超える尊い命が犠牲となりました。
 その結果からも、昭和56年の建築基準法改正以前の建物は一般的にみて、『耐震性が低い』といわれています。
 香南市では、このような被害を少しでも減らすために、安全かどうかを診断する「木造住宅耐震診断調査事業」を実施し、安心して住める住宅や安全なまちづくりを、市民の皆さんと一緒に地域の防災を推進していきます。
 つきましては、下記対象建物に該当する方で、耐震診断調査を希望する方は、平成23年4月1日(金)から防災対策課にて受付をしていますので申込みをお願いします。

              記

<香南市住宅耐震診断調査事業>

○対象事業 市内全域

○調査棟数 50棟

○対象建物
 市にある一戸建て住宅・併用住宅で階数が2以下のもの 昭和56年5月31日以前に着工した※在来軸組木造住宅が対象になります。
 ※在来軸組木造住宅:柱や梁・筋かいだけで荷重を支える従来の日本家屋に多く用いられた住宅。(プレハブ、ツーバイ フォー等は含みません。)

○調査内容
 市が認定し委託を受けた耐震診断士が申込者の住宅を訪問し間取りの確認・床下や天井裏の点検口(開口部)から内部を直接見て調べます。なお、壁を壊したり、天井をめくるような調査は行いません。

○診断結果
 市で検収後、担当診断士より本人に通知・説明を行う。

○診断士
 県による耐震診断士養成講習を受講し登録され、市で認定した耐震診断士。

○募集時期 平成23年4月から

○個人費用 3,000円


安心な住宅・まちづくりをめざして

注意:市が行う耐震診断では、訪問による相談・受付などは行っていません。

木造住宅耐震診断について一言。

 最近、耐震診断を無料で行いますとチラシを配布する業者さんや、飛び込み営業を行う業者さんが増えており、市へ相談をされる方がいらっしゃいます。
 無料診断が必ずしも信用できないと言う訳ではありませんが、その後に高額の耐震改修を強く進められたりするなどトラブルとなっているケースもあります。
 このため、市の実施する耐震診断を受けることをおすすめしますし、また、無料診断の結果により耐震改修を行う場合においては、
(1) 県や市で紹介する信頼できる機関や相談しやすい
  地元建築士・工務店に相談すること
(2) 工事にあたっては、書面により契約を交わすこと。
  契約を急がせる業者は要注意です。
(3) 必ず耐震改修計画書を受け取り、改修後の耐震
  診断総合評点が1.0以上となることを確認すること。

などに注意しましょう。

 耐震改修計画書の内容に不安のある方は、
住宅耐震相談センター(電話088−825−1240)で、
無料で相談を受け付けています。
 また、県や市の認定した耐震診断士は、営業行為を行わない規定となっています。

●名 称  住宅耐震相談センター
●連絡先  TEL 088-825-1240
         FAX 088-822-1170
        e-mail ksjk@i-kochi.jp
●受付時間 土日祝日を除く10:00〜16:00
●備 考  耐震診断・改修のご相談に応じます。

木造住宅耐震診断申込書