メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 寄附金の税制控除

寄附金の税制控除

担当:総務課 掲載日:2016/11/17

ふるさと納税ワンストップ特例制度


 確定申告を受ける必要のない給与所得者等がふるさと納税を行う場合、「地方団体への寄附が5団体以内の方」、「給与所得・年金所得のみなど確定申告が不要な方」は申し出をいただきましたら、確定申告不要で控除を受けられるようになりました。

ワンストップ特例(寄附金税額控除に係る申告特例申請書)(Excel:32KB)

ワンストップ特例(寄附金税額控除に係る申告特例申請書)(PDF:131KB)

ワンストップ特例(寄附金税額控除に係る申告特例申請書)-記入例(PDF:216KB)

ワンストップ特例(寄附金税額控除に係る申告特例変更申請書)(Excel:23KB)

ワンストップ特例(寄附金税額控除に係る申告特例変更申請書)(PDF:198KB)

ワンストップ特例(寄附金税額控除に係る申告特例変更申請書)-記入例(PDF:198KB)

※ワンストップ特例申請書用 本人確認書類貼付用台紙(PDF:102KB)


 ※マイナンバー制度の導入により「ワンストップ特例」申請時に身元確認と個人番号の記載等が必要になりました。次の書類を添付のうえ、申請をお願いします。

◆ワンストップ特例申請の送り先
 〒781−5292 高知県香南市野市町西野2706
 香南市役所 総務課(ふるさと納税担当)まで

所得税の確定申告は翌年の3月15日までに!


身分証明の画像

税の控除を受ける手続き


 所得税の確定申告または住民税の申告が必要です。
 申告の際には、寄附金の「領収書」または香南市役所が発行する「寄附金の受領証明書」が必要ですので、大切に保管してください。


 【所得税(国税)】
 寄附金の一部が所得から控除(所得控除)されます。控除額が年間寄附金から2千円を差し引いた金額になります。
 ※控除対象となる年間寄附金は、総所得金額等の40%に相当する額が限度です。

 【住民税(地方税)】
 寄附金の一部が住民税の所得額から控除(税額控除)されます。
 控除される額は(1)と(2)の合計額となります。
 (1)(年間寄附金額−2千円)×10%
 (2)(年間寄附金額−2千円)×(90%−0%〜40%[所得税の限界税率])
 ※(2)の額については住民所得割の10%が上限です。
 ※控除対象となる年間寄附金は、総所得金額等の30%が上限です。


 年間寄附金額に応じて、税額が控除されますので、最寄りの税務署で確定申告をしてください。
 所得税は所得控除されて還付、住民税は税額控除されて控除後の金額で翌年度の住民税が課税されます。


 確定申告書の作成は「確定申告等作成コーナー」(国税庁)が便利です。
 また、確定申告書作成コーナーの入力方法は、ふるさと納税をされた方のための確定申告の手引きをご覧ください。


問い合わせ先

 ■香南市へのふるさと寄附金に関すること
 〒781−5292 高知県香南市野市町西野2706
 香南市役所 総務課(ふるさと納税担当) 電話番号:0887−57−8500  FAX:0887−56−0576
 E-mail:soumu@city.kochi-konan.lg.jp

 ■ふるさと寄附金の税金控除に関すること
 香南市役所 税務収納課  電話番号:0887−57−8504

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)