メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 骨髄移植にかかる入院・通院費用を補助します

骨髄移植にかかる入院・通院費用を補助します

担当:健康対策課 掲載日:2018/06/08


 ドナー登録者の方が、骨髄・末梢血幹細胞を提供する場合は、約1週間の入院又は通院が必要とされています。香南市では、骨髄移植ドナーの方の経済的負担の軽減のために、公益財団法人日本骨髄バンクが実施する骨髄バンク事業において骨髄又は末梢血幹細胞を提供した方に、補助金を交付します。


【補助金額】
 骨髄提供者1人につき、提供時の入院又は通院の日数1日につき2万円を補助します。(7日間が上限で最大14万円)
 


【対象者】
下記のすべてに該当する者
・財団が実施する骨髄バンク事業おいて骨髄バンクドナー登録している者
・財団が実施する骨髄バンク事業おいて骨髄又は末梢血幹細胞の提供を完了し、これを証明する書類の交付を受けた者
・香南市内に住所を有し、住民基本台帳に登録され、市税を滞納していない者

※ただし、ドナー特別休暇等を導入している事業所に勤務している骨髄提供者は対象となりません。(公務員など)


【申請方法】
 骨髄又は末梢血幹細胞を提供した後、香南市骨髄移植促進事業費補助金交付申請書に、財団が交付する骨髄又は末梢血幹細胞の提供が完了したことを証明する書類を添えて、提供が完了した日の属する年度の3月31日までに健康対策課に提出してください。

香南市骨髄移植補助金交付要綱(PDF:68KB)

香南市骨髄移植補助金申請書(PDF:56KB)

香南市骨髄移植補助金請求書(PDF:43KB)

補助金及びドナー登録に関するお知らせ(PDF:124KB)

骨髄ドナー登録の流れ(PDF:708KB)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)