メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 災害における固定資産税の減免について:平成30年大雨災害関連

災害における固定資産税の減免について:平成30年大雨災害関連

担当:税務収納課 掲載日:2018/07/09

固定資産税の減免について
火災・水害・地震などで土地・家屋・償却資産が被害を受けた場合、固定資産税の減免を受けられる場合があります。

◆要件
【土地の場合】大量の土砂等の流入やがけ崩れ、川の氾らんや土石流により、土地が、埋没・崩壊・流出し土地の形状が変わった被害面積が10分の2以上の場合に適用されます。
【家屋の場合】災害等により家屋の10分の2以上の価値を減じた場合に適用されます。
【償却資産の場合】償却資産の10分の2以上の価値を減じた場合に適用されます。

◆損害の程度と減免の割合
香南市税減免に関する規則 別表第2(第5条関係)によります。

◆減免の内容
被害を受けた日以降で減免の申請があった日以降に納期限の到来する税額について減免を受けることができます。
ただし、減免を対象とする税額のうち、既に納付されている部分については除きます。

災害により被害を受けた場合は、下記までご連絡ください。被害の現地調査にお伺いします。

問い合わせ先
 税務収納課 資産税係 電話番号 0887−57−8504

減免割合表

減免申請書

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)