図書館に絵金蔵がやって来た

更新日:2024年05月31日

幕末土佐の天才絵師、絵金展を開催します!

絵師金蔵、略して「絵金」。

もとは土佐藩の御用絵師でしたが贋作事件に巻き込まれ城下追放となりました。

各地を放浪後、おばを頼りに香南市赤岡の町に住み込み、酒蔵をアトリエに絵を描き続けました。

なかでも夏の祭礼の夜に飾るために描かれた芝居絵屏風は見る者を惹きつけます。

今年の「土佐赤岡 絵金祭り」は7月20日(土曜日)、21日(日曜日)開催予定。

改めて郷土の偉人・絵金の魅力に触れてみませんか?

3階展示室では、絵金に影響を受けた香南市赤岡出身の画家・濱口富治の作品「歓喜の歌(エスプリの歌)」を展示しています。

■幕末土佐の天才絵師、絵金 展

■2024年5月31日(金曜日)~7月25日(木曜日)

■野市図書館 1階エレベーター前、3階展示室

ekin2024

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会 生涯学習課
〒781-5292
高知県香南市野市町西野2706番地
電話番号:0887-50-3022
お問い合わせフォーム