メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 主な給付

主な給付

担当:市民保険課 掲載日:2008/02/01

(1)払い戻しが受けられるもの
いったんは、全額を個人で負担しなければなりませんが、国保の窓口で申請し、審査で認められれば、自己負担分を除いた額が払い戻されるものは次のとおりです。
・やむを得ず保険証を持たずに治療を受けたとき
・医師が必要と認めたコルセットなどの補装具代
・医師が必要と認めたはり、きゅう、マッサージなどで、国保を扱っていない鍼灸マッサージ師の施術を受けたとき
・骨折、ねんざなどで、国保を扱っていない柔道整復師の施術を受けたとき
・生血を輸血したとき
・海外渡航中など海外で診療を受けたとき

(2)医療費が高額になったとき
同じ月内に支払った医療費が高額になったときは、申請をして認められれば、限度額を超えた分が高額医療費として後から支給されます。
なお、世帯や年齢によって限度額や計算方法が違いますので、市民保険課まで問い合わせ下さい。

(3)その他の給付
・出産育児一時金 上限420,000円
・葬祭費 40,000円