メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 居宅介護・介護予防 住宅改修について

居宅介護・介護予防 住宅改修について

担当:高齢者介護課 掲載日:2014/08/13


 在宅サービスとして、資産の形成につながらない比較的小規模な改修に限り、住宅改修費の対象部分のうち7割から9割を償還払いにて支給します。

 ・対象改修の種類
  1.手すりの取り付け  2.段差の解消
  3.滑りの防止・移動の円滑化等のための床又は通路面の材料の変更
  4.引き戸等への扉の取替え  5.洋式便器等への便器の取替え
                                     等の小規模な改修

 利用できる上限額は、20万円(支給上限額は14万円から18万円)です。
 住宅改修に際し、事前申請を行います。事前申請前に住宅を改修されると、給付が受けられませんのでご注意ください。

介護保険 申請マニュアル(軽度者福祉用具貸与・住宅改修・福祉用具購入)(PDF:4.25MB)

住宅改修費の受領委任払い開始について(PDF:132KB)

住宅改修事前申請提出書(Word:30KB)

介護保険居宅介護(予防)住宅改修費支給申請書(Excel:31KB)

住宅改修理由書(Excel:47KB)

事前申請提出書類チェック表(Word:21KB)

改修承諾書(PDF:2KB)

振込承諾書(福祉用具・住宅改修 共通)(PDF:55KB)

同意書(住宅改修受領委任払用)(Word:15KB)

委任状(住宅改修受領委任払用)(Word:15KB)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)