メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 多子世帯保育料等軽減制度について

多子世帯保育料等軽減制度について

担当:教育委員会こども課 掲載日:2018/03/26


 18歳未満のお子さんを3人以上扶養しており、第3子以降で2歳児までのお子さんの保育料を軽減します。
 お子さんが通う施設によって、軽減の方法および軽減の額が異なりますのでご注意ください。

※平成30年度分より、子ども・子育て支援新制度に移行している施設を利用されているお子さんについては、保護者の方の申請が不要になりました。
 届出認可外保育施設及び子ども・子育て支援新制度に移行していない私立幼稚園については、これまでどおり申請が必要です。


施設区分 保育料等の軽減の方法 軽減する額
保育所

・保育料決定通知書等でその旨通知

・申請不要

・施設への保育料の支払いは不要

保育料の全額

地域型保育事業

認定こども園

私立幼稚園(※を除く)

子ども・子育て支援新制度に移行していない私立幼稚園(※) 施設に保育料を支払後、申請に基づき補助金を交付

授業料及び預かり保育に係る費用(給食費・おやつ代を含む。)

※月額2,5000円を上限

届出認可外保育施設

基本的な保育サービスの利用に要する費用

※月額50,000円を上限

 

 子ども・子育て支援新制度に移行していない幼稚園(※)や届出認可外保育施設を利用される場合は、
「香南市多子世帯保育料等軽減補助金交付申請書」の提出が必要です。

香南市多子世帯保育料等軽減補助金交付申請書(PDF:61KB)

香南市多子世帯保育料等軽減補助金変更交付申請書(PDF:32KB)

香南市多子世帯保育料等軽減補助金交付請求書(PDF:30KB)


 詳細については、教育委員会事務局こども課までお問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)