メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 新刊案内

新刊案内

担当:教育委員会生涯学習課 掲載日:2020/05/25

新刊案内


各館の新着本とおすすめの一冊をご紹介します。


図書館 書籍名 著者 出版社 内容紹介(図書館流通センター新刊案内より一部引用)
野市図書館 今日から使えるワークショップアイデア帳 会社でも学校でもアレンジ自在な30パターン ワークショップ探検部 翔泳社 誰でもワークショップを実践できるよう、30のプログラムの準備から具体的な手順までを詳しく解説。アレンジ方法も掲載。
空の声 堂場瞬一 文藝春秋 戦後初めて日本が参加する夏季オリンピック、ヘルシンキ五輪に派遣された人気アナウンサー和田信賢は、長年無理がたたって心身ともにボロボロ状態だった。現地から「日本」を鼓舞する中継を懸命に続けるも・・・

いちばんやさしいタロット入門

美園環希 ナツメ者 タロット占いについて、カードの示す意味や占い方などを分かりやすく解説した入門書。
るるぶ和歌山白浜パンダ高野山熊野古道 JTBパブリッシング JTBパブリッシング 和歌山の絶景&感動体験をはじめ、白浜、高野山、熊野古道、那智勝浦・大地、和歌山市周辺の見どころを掲載。
小中高・不登校生の居場所探し

学びリンク

学びリンク

きっとある!自分らしくいられる「居場所」。2019年10月から2020年3月までの取材に基づき、民間のフリースクールや技能連携佼、サポート校などを紹介。

119番と平穏死 「理想の最期」を家族とかなえる 長尾和宏 大和書房

「平穏死」とは、延命治療を受けずに、人間としての尊厳を保ちながら穏やかに旅立つこと。119番の後に起こる「蘇生処置のフルコース」で後悔しないために、在宅医療の第一人者が、救急車との正しい付き合い方を伝授。

顔と頭部のデッサン 多様な顔の造形を描き分ける

イム・マウクン

イム・アイリス

マール社

頭部のデッサンから、古典的な石膏デッサン、人体デッサンまで。肖像画家イム・マウクンの長年に渡る経験から生み出されたテクニックを、絵に対する思いも交えて紹介。

スカーレット 下

水田静子

水橋文美江

ブックマン社 八郎の妻となり、武士の母としての幸福を噛みしめながら、陶芸の世界へ魅せられていく川原喜美子。やがて、誰もができなかった自然を生かした作品を完成させるが、その先には険しい道がー。
川のたんけん

福手勤

星の環会

土木とは何か、土木建造物にはどんなものがあるのかを、ドボジョママやドボジュニアたちと一緒に学べる本。防災対策なども紹介。

アンパンマンはじめてのことばえほん えいご付き やなせたかし フレーベル館

アンパンマンと一緒に「ことば」をたくさん覚えよう!おはよう、ありがとう、たべる、あそぶ・・・いろいろな「ことば」を英語とその読み方付きで紹介。クイズものっています。

香我美図書館

合唱 岬洋介の帰還

中山七里

 

宝島社

 

取り調べ中に殺人を起こしたとして、検事・天生が逮捕された。親友のピアニスト・岬洋介は、天生を救えるのか?

あとを継ぐひと

田中兆子 光文社

トランスジェンダーの範之は実家の老舗旅館で仲居の修行中だが、母である女将がなかなか認めてくれず…。新しい時代の働き方、生き方を見つめる仕事小説。

輪舞曲(ロンド) 朝井まかて 新潮社

舞台に立ちたい一心で子を捨て上京、キャリアの絶頂で没した伝説の名女優・伊沢蘭香の生涯を描く。

告解

薬丸岳 講談社

飲酒運転で1人の老女の命を奪ってしまった翔太。懲役4年を超える実刑を下された翔太を被害者の夫は「ある思い」を胸に待ち続け…。贖罪とは何かを問う物語。

コロナ時代の僕ら パオロ・ジョルダーノ 早川書房

この災いに立ち向かうために僕らは何をするべきだろう。コロナの時代を生きる人々に贈る痛切で誠実なエッセイ集。

育ちすぎたタケノコでメンマを作ってみた

玉置標本 家の光協会 ごま、かんぴょう、こんにゃくなど、とても身近で知ってるようで知らない植物を栽培したり採集したりして食べるまでを軽快な筆致で描く。
高峰秀子おしゃれの流儀 高峰秀子/斎藤明美 筑摩書房

鏡台、着物、手袋、靴…。高峰秀子のセンスを凝縮した衣装や小物を、写真とエッセイで紹介。

かみさまのベビーシッター 廣嶋玲子 理論社

商店街の福引で幸介が当てたのは「かみさまのたまご」。たまごから生まれたのは、ねこのようなフクロウのような、よくわからない生き物だった。幸介の願いはかなうのか?

しかしか

山田マチ/岡本よしろう

小学館

前歯がぐらぐらしているぼくに声をかけてきたのは、動物の歯医者さんをしている鹿だった。生き物たちの歯の多様さを紹介しながら、歯の大切さを伝える絵本。

ひとはなくもの みやのすみれ/やべみつのり こぐま社

すみれは、よく泣きます。悲しいとき、痛いとき、こわいとき、くやしいとき。すみれのいお母さんは、泣く子は嫌いと言います。でも涙にはいろんな理由があるんだから、泣き虫の私をまるごと好きになってとすみれは訴えます。

夜須図書室 ピュア

小野美由紀

早川書房

遠い未来、女性が男性を食べないと妊娠できない。そんな変わり果てた世界で普通の女の子として生きるユミの葛藤を描く。表題作をはじめ、「バ−スデー」「幼胎」など、性と共に生きる姿の物語全5編。

あとを継ぐ人 田中兆子 光文社

トランスジェンダーの範之は実家の老舗旅館で泣きの修行中。女性の格好をする範之を、女将である母はなかなか認めてくれず・・・。「あとを継ぐ」をテーマに6つの職業現場を舞台とした仕事小説集。新しい時代の働き方、暮らし方、生き方を見つめる。

さだの辞書 さだまさし 岩波書店

『広辞苑第5版』がご縁の自伝的エッセイ集。家族や故郷、仲間や恩人、歴史や希望、本・音楽・映画。ときに爆笑・涙の三題噺25話。多芸多才な秘密も見えてくる。

 
あかりの学校

橋田裕司

マール社 手作りのあかりにはインテリアとしてはもちろん、心を癒す効果もあります。心温まるあかりを手軽に作る方法と役立て方を紹介。自分そして誰かのために手作りのあかりを作ってみませんか?

アグネス流10歳までに鍛えておきたい20の能力

アグネス・チャン

PHP研究所

どうすれば、子どもがもっと積極的に学んでくれる?恥ずかしがり屋さんではダメ?若い親が持つ単純な疑問や深刻な問題を、教育学・心理学と自分の育児体験で解いた子育てアドバイス。

すみっコぐらしのおかたづけ

水谷妙子

小学館

すみっコぐらしの仲間が応援してくれる楽しいおかたづけ入門書。すみっコたちと一緒におかたづけしてみよう!整理や収納の仕方など、大人が読んでもためになる内容がたくさん。

 

博士の愛したジミな昆虫

金子修治 岩波書店

きわだった特徴を持たない見かけのジミな昆虫たちだって、やってることはスゴすぎる!10人の昆虫博士たちが愛したジミな昆虫たちの生き方を楽しく、わかりやすく、熱く語る。

のりものなぞなぞ

斉藤洋 講談社

乗り物のなぞなぞを解いてその答えを絵の中から探そう!ドクター・ナゾナーと、じょしゅ、くろねこが必ず絵の中のどこかにいるよ。なぞなぞ、絵探し、のりもの絵本図鑑として3回楽しめます。

 
きりかぶのきりじいちゃん

なかやみわ

小学館 きれいな花を咲かせたり、木陰をつくったり、みんなの役に立っていた一本の立派な木は、年を取り切られてしまい、切り株になってしまいました。「すっかり役立たずになってしまったなぁ…」と、しょんぼりしているところに・・・。
いっぱいついてる

五味太郎

童心社

原っぱにかわいいお花がひとつ。いいえ、これはアップリケがついています。アップリケが大好きな女の子、次はどんなアップリケを見せてくれるのかな?