メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 国民年金保険料と納付方法

国民年金保険料と納付方法

担当:市民保険課 掲載日:2017/05/19


国民年金保険料


平成28年度

国民年金保険料

月額

16,260円

 

付加保険料

月額

400円

平成29年度

国民年金保険料

月額 16,490円
 

付加保険料

月額 400円

平成30年度

国民年金保険料

月額

16,340円

 

付加保険料

月額

400円


付加年金とは

第1号被保険者・任意加入被保険者が希望すれば納めることができ、定額保険料に付加保険料をプラスして納めると老齢基礎年金に付加年金を生涯上乗せして受け取ることができます(付加年金加入者が障害年金受給者になった時、障害年金受給中は付加年金の上乗せはありません)。申し込んだ月から納めることができ、加入・辞退が自由にできます。希望する場合は年金事務所や市民保険課、または支所でお申し込みください。
※厚生年金や共済組合加入者やその人に扶養されている配偶者(第3号被保険者)また、国民年金基金加入者は申込みできません。


付加年金(年間受け取り額)の計算式

  200円×納めた月数=加算額(年間)

  【例】付加保険料を10年間(120月)納めた場合

  400円×120月=48,000円(納めた額)

       ↓
  200円×120月=24,000円(1年間に受け取る付加年金額)
  が毎年老齢基礎年金に加算されます。

※2年間老齢基礎年金を受給すると、納めた付加保険料と受け取った付加年金額が同額となるため、大変お得です。


国民年金保険料の納付方法


第1号被保険者

◇納付書で納付(現金で納付) 
 日本年金機構より、4月上旬または加入時に1年度分の納付書が送付されます。
 金融機関・郵便局・コンビニエンスストア・ATMで納めることができます。
 
◇口座振替で納付
 振替方法(お申し込み時にお選びください。)
  ・毎月納付(翌月末振替)
  ・ 毎月納付(当月末振替による早割)
  ・6か月前納(上期4月分〜9月分まで・下期10月分〜翌年3月分まで)
  ・ 1年前納(4月分〜翌年3月分まで)
  ・2年前納(4月分〜翌々年3月分まで)
  
◇クレジットカードで納付
 納付方法(お申し込み時にお選びください。)  
  ・ 毎月納付
  ・ 6か月前納(上期4月分〜9月分まで・下期10月分〜翌年3月分まで)
  ・ 1年前納(4月分翌年3月分まで)


平成29年4月末の振替を希望する場合は平成29年2月末までに、年金手帳と口座振替の場合は預金通帳と金融機関届出印、クレジットカード納付の場合はクレジットカードを持って、年金事務所や市民保険課でお申し込みください。
平成29年4月より、新たに現金・クレジットカード納付による2年前納が始まります。


第3号被保険者

自分で納付する必要はありません。
配偶者の加入する厚生年金や共済組合が拠出金として負担します。


平成29年度国民年金保険料 納付額と割引額


納付方法

現金・

クレジット納付

口座振替

一回あたりの納付額

割引額

2年分に換算した割引額

一回あたりの納付額

割引額

2年分に換算した割引額

通常納付

(翌月末振替・納付)

16,490円

0円

0円

16,490円

0円

0円

早割

(当月末振替)

現金・クレジット納付には

ありません

16,440円

50円

1,200円

6か月前納

98,140円

800円

3,200円

97,820円

1,120円

4,480円

1年前納

194,370円

3,510円

7,020円

193,730円

4.,150円

8,300円

2年前納

379,560円 14,400円

-

378,320円

15,640円

-