メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 令和3年度消費者行政に対する香南市長意思表明

令和3年度消費者行政に対する香南市長意思表明

担当:商工観光課 掲載日:2021/09/09


 近年、消費者を取り巻く環境は、インターネットの進展や新型コロナウイルス感染症の影響などにより、日々変化をしています。
 特にインターネットの進展は、生活をより豊かに便利にしてくれる一方で、消費者トラブルを複雑・多様化させる原因にもなっています。

 本市においては、市民の消費生活に関する相談に対応するために、平成29年12月から消費生活相談員を1名配置し、消費者トラブル等の問題解決のための助言やあっせんなどを行っています。
 また、消費生活に関する情報を広報誌やホームページなどで発信するとともに、自治会などで出前講座を開催するなど啓発活動を行っています。

 本市では、若年層から情報商材や定期購入などに関する相談、高齢者から還付金詐欺などの特殊詐欺予兆電話に関する相談など様々な相談が継続して寄せられています。

 そのため、市民の皆様が安全に安心して暮らせるように、相談窓口機能の維持や積極的な啓発活動などを行うとともに、関係機関との連携を深めながら、引き続き、消費者行政の推進と強化に全力で取り組んでまいります。

令和3年9月
香南市長 清藤 真司