メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 特別定額給付金について(5月25日更新)

特別定額給付金について(5月25日更新)

担当:総務課 掲載日:2020/05/26

更新情報(5/25)


5月22日までに受付・審査が終了した申請の給付は、口座振替分が5月28日、窓口での給付は28日以降順次行います。

5月29日までの受付・審査終了分は次回6月4日になります。

更新履歴


出張や入院などで、ご自宅にお送りした申請書がご利用になれない方のために申請書の様式をダウンロードできるようにしました。
 あらかじめ世帯構成員の印刷等は行っていませんので、必要事項をご記入の上、本人確認書類、口座情報確認書類のそれぞれコピーを添付して、郵送にてお送りください。(その際の郵送代、コピー代はご負担ください。)

 お送りいただいた申請書は、基準日現在の住民票で確認いたしますのでご了承ください。
   
【送付先】

〒781−5292
 高知県香南市野市町西野2706番地

 香南市特別定額給付金係 あて

【専用電話番号】
 0887−50−3012
 

特別定額給付金申請書(pdf)(PDF:139KB)


本日から、特別定額給付金の申請書の各家庭への配布が始まりました。

これに伴い、本庁及び各支所で「特別定額給付金」窓口を開設しました。

受付時間は以下のとおりです。

【支所】
平日 午前  8:30 から 11:30 まで
   午後 13:00 から 16:30 まで

【本庁】
平日 午前  8:30 から 12:00 まで
   午後 13:00 から 17:15 まで

 専用電話 0887−50−3012(受付時間は上記本庁と同じ)

 ※感染拡大の防止の観点から、郵送による申請を原則としています。
  書き方や内容に不安がある方は先ずお電話にてご相談ください。



マイナポータルで特別定額給付金のオンライン申請が可能になりました

給付対象者


 基準日(令和2年4月27日)において、香南市の住民基本台帳に記録されている住民(外国人も含む)

ただし、以下の場合はそれぞれの例による

・基準日を挟む転出入については、その届出日と転出入の確定の日により判断されます

・基準日以降に届けられた基準日以前に遡って出生の届け出があった住民 対象者に含む

・基準日以降に届けられた基準日前に遡って死亡の届け出があった住民 対象者から除く

・単身世帯の世帯主について死亡の届け出があった住民 対象者から除く

配偶者やその他親族からの暴力を理由に避難している方への支援


【支援の内容】

   配偶者やその他親族からの暴力を理由に香南市に避難している方で、事情により令和2年4月27日以前に香南市に住民票を移すことができない方は、
  所定のお手続きをしていただくと、次の支援が受けられる場合があります。

  1.世帯主でなくとも、同伴者(同居しているお子様など)の分も含めて、香南市で給付金の申請を行い、給付金を受け取ることができます。
  2.手続きを行った方とその同伴者分の給付金は、世帯主(配偶者など)からの申請があっても支給しません。


  対象となる配偶者その他親族からの暴力を理由に避難している方の要件は、次の3点のいずれかに該当する方です

   1.配偶者暴力防止法に基づく保護命令を受けていること
   2.婦人相談所から「配偶者からの暴力の被害者の保護に関する証明書」や配偶者暴力対応機関(配偶者暴力相談支援センター、市町村等)の
     確認書が発行されていること
   3.令和2年4月28日以降に住民票が香南市に移され「支援措置」の対象となっていること


【 手続きの方法 】

  1.香南市の特別定額給付金担当窓口へ「申出書」と、配偶者やその他親族からの暴力等を理由に避難していることが確認できる書類を提出してください。

     ※「申出書」は、配偶者やその他親族からの暴力を理由に避難していることを申し出るものです。
     ※「申出書」は、このページのほか、婦人相談所や総務省ホームページなどで入手できます。
     ※香南市では5月中旬の郵送を計画しています。お早めににご相談ください。
     ※「確認できる書類」は次のうちいずれか1つです
       ・ 保護命令決定書の謄本又は正本
       ・ 婦人相談所等が発行する「証明書」又は市区町村、福祉事務所、民間支援団体等が発行する「確認書」

     ※ 同伴者がいる場合は、同伴者についても記載されていることなどが必要です。
     ※ 令和2年4月28日以降に香南市に住民票を移し、住民基本台帳の閲覧制限等の支援措置を受けている方は、上の書類は必要ありません。
     ※ ご自身で申出・申請することが困難な場合は、代理申出・申請が可能です。

  2. 特別定額給付金の申請手続きは、申出手続きとは別に行う必要があります。

  ◎ 「申出書」に基づき、住民票がある市区町村へは各都道府県を通じ「申出があった事実」のみ連絡し、「申出書」に記入された住所等の情報は知らせません。

  ◎ 詳細につきましては、香南市 総務課 特別定額給付金担当 にお問い合わせください。

申出書様式(PDF:286KB)

Q&A(PDF:528KB)

給付額


給付対象者1人につき10万円

受給権者


給付対象者の属する世帯の世帯主

事前のご準備をお願いします


給付金の申請には、本人確認及び口座確認のため、以下の各種証明等のコピーが必要になります。

 本人確認のため必要なもの ・・・・・ 運転免許証、マイナンバーカード、健康保険証、年金手帳などのコピー 1部

 口座情報確認のため必要なもの ・・・・・ 通帳の表面(口座番号と名前が記載された面)、キャッシュカードなどのコピー 1部
 

そのため、お近くのコンビニエンスストアーなどコピー機を設置している店舗が一時的に混雑することが予想されます。

感染拡大を防止するため「時間をずらす」「外で待つ」など混雑を避けるようにして、事前のご準備をお願いします。

申請と給付の方法


香南市では、感染拡大防止の観点から、以下の方法により手続きを行います。


   
香南市 5月18日から各家庭に申請書を郵送
5月15日からはオンライン申請も開設しました
受給権者 記入例をご確認の上、必要事項を記入し、確認書類等の写しを貼り付けて、同封の返信用封筒で投函
 ・本人を確認できる「運転免許証」などのコピー
 ・振込先口座の確認できる「通帳の表面」もしくは「キャッシュカード」のコピー
香南市

提出された申請書の必要事項等を確認
 ※記載漏れなどがある場合、届け出に関して連絡する場合があります。

金曜日までに受理した申請は、翌週の木曜日に振り込み(予定)
初回は5月28日(木)

 

マイナンバーカードを利用した申請方法


5月15日から、香南市でも国が整備するマイナポータルを利用して、申請書の郵送の代わりに電子申請を行うことができます。

【必要なもの】
 申請の前に事前にご確認ください。
 
 1 マイナンバーカード(プラスティック製で顔写真のあるもの)

 2 『券面情報の取得』のため4桁のパスワードと『電子証明書』のための6桁以上のパスワード

 3 パソコンで申請をする場合、マイナンバーカードに対応したカードリーダー

 4 スマートフォンで申請をする場合、マイナンバーカードが読み取れる機能を持ったもの

 5 電子申請に対応したブラウザー

 6 パソコンで申請する場合、事前に必要なアプリケーションのインストールが必要です

 7 通帳など振込先口座と氏名の関係が確認できるものの写真をパソコンに取り込んでおいてください

 8 申請完了の通知が届くメールアドレス


・マイナポータルにアクセスする。
 (https://app.oss.myna.go.jp/Application/search)
・「お住いの市区町村」を選択する。
・Step1で「特別定額給付金の申請」を選択する。
・「制度内容」で要件等を確認する。
・「申請する」を押下し、「申請書」の作成開始。
・マイナンバーカードから電子署名を読み取る。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)