メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 認知症高齢者等事前登録制度について

認知症高齢者等事前登録制度について

担当:高齢者介護課 掲載日:2020/08/24


 近年、認知症等により高齢者が行方不明になり、事件や事故に巻き込まれるケースが増えています。
 香南市では、令和元年5月から認知症により行方不明になるおそれのある高齢者等の安心・安全を確保するために事前登録制度が始まりました。


◆制度概要◆
・事前に行方不明になるおそれのある人の情報(氏名・住所・身体的特徴・緊急連絡先・写真等)を登録することで、万が一、登録対象者が行方不明や保護された場合に、登録した情報を頼りに早期発見や身元確認に繋げます。
・登録した情報は、南国警察署と香南市地域包括支援センターで共有します。


◆対象者◆
市内に居住し、かつ、次の各号のいずれかに該当する者
(1)65歳以上であり、認知症により行方不明のおそれのある者
(2)40歳以上65歳未満であり、初老期における認知症により行方不明のおそれのある者
(3)前2号に定めるもののほか、市長が特に必要と認める者


◆登録方法◆
・高齢者介護課窓口で受け付けます。申請後対象者への調査があります。

香南市認知症高齢者等事前登録申請書(様式第1号)(PDF:77KB)

香南市認知症高齢者等事前登録申請書(記載例)(PDF:122KB)

認知症高齢者等事前登録制度変更届(PDF:29KB)

事前登録制度チラシ(PDF:395KB)


事前登録制度イメージ

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)