トップ > 概要

豊かな自然環境と好立地に恵まれた香南市に、 「香南市ものづくり会」が誕生─。

地図

 緑豊かな山々に囲まれ、肥沃な香長平野が広がる香南市は、高知県の東部に位置し、平成18年3月に、地理的、歴史的にもつながりの深い赤岡町・香我美町・野市町・夜須町・吉川村が合併して誕生した市で、総面積約126平方キロメートル、人口約3万4千人を数えます。

  市の産業は、農林水産業を中心に、商業、工業への取り組みも活発で、特に農産物では、温暖な気候を利用した野菜の早出し栽培、ハウス栽培などを中心とした野菜園芸、また、特徴のある水産資源としては、しらす・シイラ・長太郎貝などの特産品が豊富な地域です。

  インフラ面では、高知龍馬空港、高知自動車道、鉄道、高知新港に近接するなど交通輸送体系に恵まれた立地条件を有しております。さらには、高知大学、高知工科大学、ポリテクカレッジ高知や、高知県工業技術センターなど、製造業を中心とした産業の支援機関が、車で30分圏内に位置することから、技術革新・情報の収集など産官学一体となった取り組みも容易で、機械金属系製造業の企業立地が進みつつある地域です。

  「香南市ものづくり会」は、これらの機械産業に適した好条件を活かし、香南市、香南市商工会、香南市地域雇用創造協議会と連携しつつ、産業技術の向上、時代に求められる技術、未来を展望した研究開発を行っていくことを目的に発足しました。

個々に培ってきた技術力とネットワークの総合力で、 ものづくりの未来を拓く。

 今回、香南市地域雇用創造実現事業の一環として、香南市の機械金属系製造業15社による「香南市ものづくりネットワーク」のガイドブックを作成しました。

  昨今の世界的な景気低迷や急速な円高、原材料高などにより、日本の製造業はかつてない厳しい経営環境下に置かれています。香南市の機械金属系製造業も例外ではありません。

  香南市の機械金属系製造業は、これまで個々に培ってきた高い技術力を活かし、市場のニーズを捉えた製品づくりに取り組んできたところですが、この未曽有ともいうべき低成長変革の時代を生き抜くために、さらなる努力を重ねていく必要があります。

  このたび発足した「香南市ものづくり会」は、このような課題に共同で取り組んでいこうという意欲の高い企業の集まりです。会員各社が個々に培ってきた技術力を活かし、またグループ化による総合力を遺憾なく発揮し、時代のニーズに応える提案型企業として新技術や新製品の開発、さらにグループによる共同受注体制の強化に努めてまいります。

  このホームページを、新たなパートナー企業を求められる際の参考資料として、ご活用いただきますようよろしくお願いします。 香南市ものづくり会 事務局 
香南市地域雇用創造協議会

ものづくり会参加企業一覧